TOP > 今月の教師紹介 > 受験で培った集中力を生かして法律や資格の勉強に取組中!
教師紹介&インタビュー

受験で培った集中力を生かして法律や資格の勉強に取組中!

中谷 麻水

大阪大学法学部2年

天王寺高等学校出身

「大学ではバドミントンサークルとダンスサークルに所属しています。今まで出来なかったいろいろな経験が出来て、充実した毎日を送っています。」

インタビュー

センター: 夏休みも残りわずかとなりました。この時期はどのようなことに注意すればいいですか。

先生: 夏休みの終わりが近づくと、自分がやろうと思っていたのに出来なかったことが気になるのではないでしょうか。その結果、あせっていろいろなテキストをやったり無理に難しい問題に取り組もうとしたりしてしまいがちです。ですが、夏休みに勉強したことはきっと自分の力になります。出来なかったことばかりでなく、出来るようになったことを評価することも大切です。また、夏休みは基本をしっかり押さえる期間です。発展問題に取り組むことも大事かもしれませんが、まずは基本をしっかり身につけることに集中してください。そのためにもテキストを絞って何度も繰り返し解くことをお勧めします。

センター: ありがとうございます。では、中谷PTご自身について質問です。どのような基準で志望大学を選んだのですか。

先生: まず、自宅から通学できる大学であったことが大きいですね。法学部を志望したきっかけは、法治国家の日本において、法を知っていることは自分の今後に役立つと考えたからです。

センター: 現在1年生ですが、今後はどのようなことを学びたいですか。

先生: 私は特に民法について学びたいです。ですが、まだ民法についてなんの知識もないので、どんなことを詳しく学んでいきたいかはこれから見つけていこうと思っています。

センター: 将来の進路や就職についてはどのようにお考えですか。

先生: 将来は行政書士になろうと思っています。そのために、大学に入った今も、勉強に励んでいます。

センター: 忙しい大学生活の中で、資格の勉強をするのも大変ですね。

先生: 大学受験を通じて、長時間集中できるようになったので役立っています。高校受験に臨んでいた頃の私は、2時間も勉強に集中できませんでした。しかし受験勉強を続けていくうちに徐々に慣れ、大学受験では、1日に10時間勉強することが当たり前になっていました。

センター: 大学生活と資格取得に向けた勉強、がんばってください。本日はありがとうございました。

TOPページ

TOPページ


Page
TOP