TOP > 今月の教師紹介 > 医師にとって極めて大切な「人との接し方」を学んでいきたい
教師紹介&インタビュー

医師にとって極めて大切な「人との接し方」を学んでいきたい

横井 秀平

京都大学医学部医学科2年

灘高等学校出身

「中学の時に野球をしていた経験を活かして、サークルは医学部準硬式野球部に入っています。ほかには、京都の懐石料理で働いています。人との接し方を学ぶという意味で、医師に必要な素養も身につくのではないかと思います。」

インタビュー

センター: この時期の勉強法についてアドバイスをお願いします。

先生: 入試直前には、私は本番を意識して過去問を解くということを学習上のテーマにしていました。この時期はいかに本番を意識できるかが大きなポイントだと思っています。そのうえで、わからないところが出てきたら、その分野の問題を解くというようにしていました。

センター: 入試で合格できた秘訣は何だったとお考えですか。

先生: 現役時代の自分はあまりやる気が出ず、勉強する気も起きなかったので周りに対して焦りしか感じませんでした。焦ることでさらにやる気は出ず追い込まれていきました。その点を反省して、浪人する際、1年間勉強をきちんとして、さぼらないということを決めて駿台に入りました。その決意を1年間忘れることなく取り組むことができたおかげだと思います。

センター: ありがとうございます。では、横井PTご自身について質問です。どのような理由で現在の進路を選んだのですか。

先生: 私が医師を志したのは、患者の方の病気を治すことによって人を助けることができることに魅力を感じたからです。また、より高度な医療に携わることができるのではないか思い京都大学医学部を志望しました。

センター: 現在は1年生ということですが、大学ではどのようなことを学んでいますか。

先生: まず、医師としてあるべき姿を身につけたいと思います。患者の方、看護師など他の医療従事者の方との接し方は医師にとって極めて大切なものと考えています。そのうえで様々な医療技術・知識を身につけていきたいと思います。より高度な医療に触れるために、海外留学もしてみたいですね。いろいろと留学に関する情報を集めて、検討したいと思います。

センター: ありがとうございました。

TOPページ

TOPページ


Page
TOP