TOP > 今月の教師紹介 > 子どもの頃からの夢「機械系の仕事に就く」実現に向けて勉強中です
教師紹介&インタビュー

子どもの頃からの夢「機械系の仕事に就く」実現に向けて勉強中です

橋本 龍一郎

大阪大学工学部3年

大阪府立北野高等学校出身

「大学では水泳部に所属しています。週3〜4回、朝の6時半から練習して大学の1限に通うという日々を送っています。なかなか大変ですが、一生の友となる仲間と出会えたり、水泳に真剣に取り組んで結果が出た時の達成感を味わえたりと毎日充実した日々を過ごせています。」

インタビュー

センター: 新学期の始まりも間近です。この時期にやっておくべきことでアドバイスをお願いします。

先生: 基礎固めです。私が非常に苦労した部分でもあります。一度基礎が固まってしまうと応用は基礎の組み合わせと聞きますが、本当にその通りです。基礎を固めるために1冊の参考書に何度も取り組み、文字通り頭に染み込むまで学習を重ねました。それから、自分の将来についても考えてみることです。大学受験は嫌でも自分の将来に深く関わってきます。私は、どの大学・学部が自分の将来の理想に近づけるかを真剣に考えました。そのおかげで自分の将来についてしっかり考えるようになりました。世の中のものごと、企業にも興味を持つようになりました。

センター: おすすめの勉強法をお教えください。

先生: 私は塾や学校で集中して勉強し、家では一切勉強しないという方法を取っていました。家ではテレビを見たり、ゆっくりお風呂に浸かったりとリラックスしていました。そうすることで塾や学校ではしっかり集中して勉強に取り組めたと思います。これが終わったら家に帰れると思って勉強すると、スラスラと解けていた気がします。

センター: ありがとうございます。では、橋本PTご自身について質問です。現在の進路を選んだ理由は何ですか。

先生: 自分が将来何をしたいかを考えた時に機械系の仕事に就きたいと小さい頃から思っており、進路を考えた時でもそれは変わりませんでした。それが実現できる大学や学部を調べた結果、今の大学や学部学科に決まりました。

センター: この春から3年生ということですが、現在はどのようなことを学んでいるのですか。

先生: 現在は応用理工学科の機械コースに所属しています。私が興味をもっているのは今後も発展の著しい自動車や航空機なのですが、今後掘り下げたい研究テーマは魅力的なものが多く、まだ模索中です。

センター: 学部卒業後の進路は決まっていますか。

先生: 大学院に進学したいと思っております。そのまま阪大の大学院に進学するか、他の大学の大学院に進学するかは未定ですが、自分の本当にやりたいことをしっかり考え、より専門的な知識を身に付けたいと思います。

TOPページ

TOPページ


Page
TOP